江戸しぐさに学ぶ>江戸しぐさ 概要> 江戸しぐさの本来の意味

江戸しぐさの本来の意味

江戸しぐさという言葉を知ったのは、公共広告機構(AC)のCMを見たときでした。

それまでは、そんな言葉聞いたことすらありません。

江戸ッ子なのに。。。(汗

一応、曾々祖父が江戸のはずれではありますが、
通新町(現在の都電:三ノ輪橋駅付近)で魚屋をやっていた(その先の先祖のことは知りません)
ので、3代以上続いていますから、正真正銘、私は江戸ッ子です。^^)

でも、それまで、江戸しぐさという言葉を知りませんでしたし、
親も、祖父母も、近所のおじさん、おばさんも、
同じく江戸っ子の友人たちも、
誰もそんな言葉、言っていませんでした。

それも、道理。
江戸しぐさという言葉ができたのは、割合最近なんですね。

浦島太郎さん(=芝三光(しば・みつあきら)さん、本名は小林和男(和雄?)さん)が、
命名したそうです。


初めて江戸しぐさのCMを見たとき、
なんでこんな当たり前のことをCMで扱っているんだろう、
と驚きました。

こんなの、子供だってやってるじゃん!
あれ?やってた。。。なの?と。

わざわざ、取り上げるということは、最近はみんな知らない、やっていないの?
と、それにもびっくりでした。

「心ゆかしい、粋で、思いやりのある、礼儀正しい、日本人はどうなったの~?」

幸い、この江戸しぐさ
さまざまなメディアにも取り上げられ、広められているようです。

良いことは、どんどん広めましょう!と、このブログでも江戸しぐさの数々をお話していきます。


江戸しぐさは、
江戸っ子の或るいは江戸時代のマナーだ、と思われている方も多いようですね。

そもそも、江戸しぐさというのは、江戸期の商人の生活哲学・商人道のことで、
商人(あきんど)しぐさ、繁盛しぐさといわれていました。
(『しぐさ』は『仕草』ではなく『思草』と表記します。)

口伝えで伝わっていた『商人しぐさ』を『江戸しぐさ』として、
世に広めたのが故・芝三光さんという方だそうです。

当時、商家にとって商人しぐさは門外不出。
なので口伝でしか残っていなかったらしいのですが、
これはもっともな話だと思います。
だって、商人しぐさ=商売繁盛のノウハウなわけでしょう?

その秘伝を、、戦後の荒廃した世の中のひとつの光になるのではと
芝さんが江戸しぐさとして紹介、普及されたんだそうです。

確かに今の世の中、江戸しぐさがもてはやされるなんて、おかしな話。
江戸しぐさはできて当たり前な世になって欲しいです。

Posted by 無意識にできたらいいな江戸しぐさ |『江戸しぐさの本来の意味』のTOPへ▲